20.興教大師坐像・報恩塔

20.興教大師坐像・報恩塔


平成四年(1992)・興教大師850年御遠忌記念
20.興教大師坐像・報恩塔
真言宗中興の祖である興教大師覚鑁上人(1095-1143)の金銅像です。覚鑁上人は、平安時代末期、真言密教の教えに浄土思想を取り入れ、また高野山には伝法院・密厳院を建て、真言宗を中興された祖師です。