お盆

お盆


本来は「盂蘭盆(うらぼん)」といい、安居(籠り修行)の終わる旧暦7月15日に、修行僧に飲食などを施して、父母や祖先の御霊を供養する仏事です。日本では、推古天皇14年(606年)に、寺ごとに毎年4月8日と7月15日に斎会を設けよとされました。以来、その風習は多様化し、深くわが国に根付いた行事となりました。特にお盆の間には、ご先祖や亡き精霊が、懐かしい自宅にお帰りになる日とされ、帰省された親族とともに和やかに過ごす日々は、夏の風物詩であります。
当山の近くでは、8月7日頃お墓掃除、13日に迎え火、16日に送り火が行われます。特に新盆のお宅では、盆前に「お盆よび」をし、親族そろって自宅でご法事をする場合もあります。


 ※13日または14日に、新盆のお宅を回り、盆棚にて読経供養を行っています。
 ※特に「お盆よび」をされる場合は、お早めに申し込みください。

お盆要