お彼岸

お彼岸


春分の日、秋分の日を挟んで、前後3日の計7日間がお彼岸です。「彼岸」とは、煩悩から離れた寂静なる悟りの世界(浄土)のことです。お彼岸は、ちょうど太陽が真東から出て、真西に沈む時期です。わが国の祖先達は、この時期を大切にし、沈む夕日に西方の極楽浄土を思い起こしたのでしょう。またこの一週間は、ご先祖や亡き御霊をご供養するとともに、自らも彼岸(悟り)に向かって日々の生活を見つめ直す機会でもあります。


 ※春・秋彼岸には、希望のお宅を回り、各家のお仏壇にて読経供養を行っています。
 ※春彼岸中日には、本堂にて、初めて彼岸を迎えた精霊の合同供養法要を行っています。


お彼岸