大般若転読法要

大般若転読法要


毎年4月例大祭・午後2時より、大般若転読法要を行っています。


『大般若経』600巻を転読し、般若の智慧の風をめぐらすことで、除災招福を祈る儀式です。『大般若経』は、小説・西遊記でおなじみの玄奘三蔵(602-664)が、天竺より持ち帰り、中国語に翻訳しました。字数は約500万字。多くの仏教経典の中で、桁外れに大きな規模なものです。この経典を唱える法会は、日本では大宝三年(703)に初めて行われたとされます。


 ※本堂正面よりご自由にご参拝ください。
 ※法要終了後、参列の方全員に、大般若法要の御札を授与します。


大般若転読法要