日光月光菩薩立像

日光月光菩薩立像(室町期・桂材寄木造)【岡谷市文化財指定】


元観照寺安置

明治初年の神仏分離令により、諏訪大社関係の別当寺が廃寺となるなか、平福寺へと難を遁れた仏像の一つです。元は下社春宮の別当寺・観照寺の本尊薬師如来の脇侍であったとされます。同じく薬師如来の眷属である十二神将立像も当山へ移されています。

日光月光菩薩立像