地蔵菩薩立像

地蔵菩薩立像(江戸期・桂材一木造)


元三精寺安置・日限地蔵尊(おひぎりさま)

明治初年の神仏分離令により、諏訪大社関係の別当寺が廃寺となるなか、平福寺へと難を遁れた仏像の一つです。元は下社秋宮の別当寺・三精寺の地蔵堂に祀られていました。通称「日限地蔵尊(おひぎりさま)」と親しまれています。普段は厨子に入る秘仏で、丑・未の歳に御開帳されます。なお、写真は前立ち本尊です。

地蔵菩薩立像