阿弥陀如来坐像

阿弥陀如来坐像(鎌倉期・檜材寄木造)【長野県宝指定】


元三精寺安置・慶派一門作

明治初年の神仏分離令により、諏訪大社関係の別当寺が廃寺となるなか、平福寺へと難を遁れた仏像の一つです。元は下社秋宮の別当寺・三精寺の阿弥陀堂に祀られていました。全体に堂々とした力強さがあり、運慶を代表とする慶派一門の仏師による作とされます。

阿弥陀如来坐像