十一面観音菩薩立像

十一面観音菩薩立像(室町期・桂材一木造)【岡谷市文化財指定】


元三精寺安置

明治初年の神仏分離令により、諏訪大社関係の別当寺が廃寺となるなか、当山へと難を遁れた仏像の一つです。元は下社秋宮の別当寺・三精寺の本尊であったとされます。像全体が黒褐色になっているのは、護摩の焼煙によるものとされています。

十一面観音菩薩立像