両界大曼荼羅図

両界大曼荼羅図(平成期・絹本紺地金泥)


平成十年(1998)・第41世聖仁僧正発願・松尾栄画伯作

当山中興第1世・憲明上人の600年御遠忌の記念として造立されました。成田山新勝寺の「平成大曼荼羅」を図画したことでも名高い、仏画家・松尾栄画伯の作です。一枚の絹地に画かれた金泥の曼荼羅としては、まれに見る大きさと言われます。

両界大曼荼羅図