阿弥陀如来坐像

阿弥陀如来坐像(伝室町期・桂材寄木造)


伝宗良親王護持仏・柴宮正八幡宮本地仏

後醍醐天皇の皇子・宗良親王の護持仏と伝えられます。皇子は諏訪に入り、正八幡宮(柴宮)を御座所としました。当山は柴宮の別当寺を務め、この仏像は柴宮の本地仏として祀られていました。明治の廃仏毀釈により、阿弥陀堂とともに、現在地に移されています。

阿弥陀如来坐像